昔ながらの筑前煮

濃い「だし」をしっかり効かせて、こっくり煮含め、上品な味に仕上げます。

昔ながらの筑前煮

【材料(2人分)】

れんこん 3/4節(135g)
にんじん 1/3本(50g)
ごぼう 1/3本(50g)
里いも 1個(50g)
干ししいたけ 2個(4g×2)
油揚げ 1枚(30g)
鶏もも肉 1/2枚(20g×5)
絹さや 5枚(2g×5)
濃いだし 500ml
ごま油 大さじ1
大さじ1
【A】  
みりん 大さじ3
しょうゆ 大さじ2

【作り方】

  1. ❶ 濃いだしに【A】を加えて合わせておく。
  2. ❷ れんこん、にんじん、ごぼうはひと口大の乱切りにする。干ししいたけは水で戻し、軸を取り半分に切る。
  3. ❸ 里いもはひと口大の乱切りにして下ゆで。油揚げは3㎝角に切る。
  4. ❹ 鶏もも肉をごま油で炒め、肉に半分ほど火が通ったら酒を加え❷を入れてよく炒め、れんこんが透き通ってきたら、❸を加え、炒め油を全体に回す。
  5. ❺ ❶を加え、強火で煮立たせたら、落しブタをして汁がなくなるまで20分ほど煮て、絹さやを加えて火を止め、鍋返しをして照りよく仕上げる。

「基本のだし」の使い方

基本だし

基本だし

だしパック1袋に、水400ml(カップ2杯分)

水をはったお鍋にだしパックを入れ、沸騰後3分間煮出してから取り出します。いわゆる一番だしです。お味噌汁やお吸い物、茶わん蒸し、うどん・そばなどに。

濃いだし

濃いだし

だしパック2袋に、水500ml(カップ2.5杯分)

水をはったお鍋にだしパックを入れ、沸騰後3分間煮出してから取り出します。煮物、おでん、めんつゆなどに。

※だしパックは中身をそのまま召し上がることもできます。ただし、中身は原材料のまま細かくくだいているため、一部荒い粒や骨、皮などが混入していることがありますのでご注意ください。気になる場合は取り除いてください。

「基本のだし」保存方法

「基本のだし」保存方法

未開封時は常温保存、開封後は袋のチャックをしっかりと閉めて、冷蔵庫で保存してください。賞味期限の有無にかかわらず、お早めにご使用ください。なお、品質保持のために乾燥剤を封入しております。