トップ > 関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方

関東と関西でだし巻き卵はどう違う?
特徴とおいしい卵焼きの
作り方

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方

同じ日本の中でも、地域や家庭によって文化や風習は大きく異なります。特に実感として分かりやすいのが、食文化の違いではないでしょうか。例えば、うどんや煮物に使われるつゆは、関東は濃口醤油とだしを使った色が濃いものなのに対して、関西は薄口醤油とだしを活用した薄く透き通った色のものが主流です。

この食文化の地域差は、お弁当などの定番料理である卵焼き(玉子焼き)にもよく表れています。では、卵焼きは地域によってどのように異なるのでしょうか。だし巻き卵の関東と関西での違いや、ヤマキがおすすめするそれぞれのレシピなどをご紹介します。

関東と関西のだし巻き卵の違い

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

関東と関西のだし巻き卵は、味付けや見た目、作り方にいたるまでが大きく異なります。それぞれ、どのような違いがあるのかをご紹介します

味付け

そばのような麺類を筆頭に、関東では多くの料理で濃口醤油やかつおだしを活用した味付けが、関西では薄口醤油や昆布だしを使った素材の味を活かす味付けが主流です。

この活用するだしの違いは、江戸時代に起源があるとされています。江戸時代の運搬技術では、昆布を北海道から関東まで送ることは難しく、江戸では昆布はなかなか入手できない食材でした。一方、関西は日本海側のルートを通じて昆布が手に入りやすかったため、昆布などのだしを活用し、素材の味を活かした調理法が一般化したのです。

卵焼きもこの例に漏れず、関東と関西のだしをはじめとした食文化の違いを見て取ることができます。

関東風のだし巻き卵は、だし以外にも砂糖や濃口醤油などを入れて、甘く濃い目の味付けで作られるのが一般的です。そのため、箸休めやおかしのような感覚で食べることができます。

一方、関西風のだし巻き卵は砂糖を使わず、だしをベースにして薄口醤油やみりんを使って味を調えていきます。そのため、だしのうま味や塩味が効いた、少ししょっぱさを感じる味付けが特徴的です。関東風の卵焼きにくらべ、塩味を感じられる関西風はご飯のおかずにも合うのではないでしょうか。

見た目

「厚焼き玉子」と呼ばれることもある関東風の卵焼きは、長方形に厚く巻かれていて、砂糖や醤油が使われている関係から、表面には適度にこんがりとした焦げ目がつきます。
厚く巻かれているため、ふっくらとした食感になるのも特徴です。

薄口醤油を使用する関西風の卵焼きは、薄くあっさりとした色味が特徴で、形も楕円形やかまぼこ型になることが多いです。基本的には「だし巻き卵」というと、関東風の卵焼きではなく、だしをたっぷり使った関西風の卵焼きのことを指します。
だしを多く使い、何回も繰り返して巻くため、柔らかくしっとりした食感でだしの味を楽しむことができます。

調理器具も異なる

卵焼きの違いは見た目や味付けだけではありません。味付けや形が異なるため、東西で卵焼きの作り方や卵焼き器の形状も変わるのです。

例えば、色が濃く甘い関東風の厚焼き玉子は適度に焦げ目をつけて、一回で厚く卵を巻くという作り方が主流です。一回で卵を巻きやすいように、東型(あずまがた)や角型と呼ばれる正方形で幅のある大きい卵焼き器を使って、奥から手前へ折りたたむように巻いて作られます。

一方、だしを多く使いフルフルとした柔らかい食感が特徴の関西風のだし巻き卵は、手前側から少しずつ、何層にもなるように巻いて作られます。
そのため、巻く作業が行いやすいように、西型(にしがた)や角長型などと呼ばれる細長い長方形の卵焼き器を活用するのが一般的です。

だし巻き卵の作り方

だし巻き卵は関東風と関西風で味付けや見た目だけでなく、作り方や使う材料もそれぞれ異なります。ここではヤマキがおすすめする、それぞれのだし巻き卵の基本的なレシピをご紹介します。

関東風だし巻き卵のレシピ

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

まずは、関東風の「江戸前玉子焼き」のレシピです。このレシピではテフロン加工をした卵焼き器を使用していますが、本格的な卵焼き器を活用する場合は、しっかりと油をなじませてから使いましょう。

【材料】

・卵 4個 
・だし 80ml
・しょうゆ大さじ 1/2
・砂糖 25g
・塩 少々
・サラダ油 適量

【作り方】
関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

1.卵をボウルに割り入れかき混ぜてください。この時、白身がまだらに残る程度に大きく動かして混ぜるのがコツです。

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

2.溶き卵に残りの材料を加えたら、さらに混ぜ合わせます。

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

3.油を塗った玉子焼き器を中火にかけ、ほどよく熱したら、卵液の半量を一気に流し入れ、少しおきます。

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

4.軽く焼き色がついたら大きく混ぜ、奥に寄せましょう。

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

5.奥に寄せた後、手前側に油を塗り、残りの半量を流し入れます。このとき、奥に寄せた卵を少し持ち上げて、卵液を下に流し入れてください。

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

6.焼き色がついたら半熟のうちに、奥の卵を手前側に折りたたむように返します。玉子焼き器の四隅に当てるように側面まで焼き上げたら完成です。

関西風だし巻き卵のレシピ

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

だしを多く使い、フルフルとした食感と鮮やかな黄色い見た目が特徴の関西風のだし巻き卵を作る際は、しっかりと卵液を濾す手順を加えましょう。この手順があるかないかで、滑らかさや色合いが変わってしまいます。

【材料】

・卵 5個 
・だし 100ml
・うす口しょうゆ 大さじ1
・みりん 10ml

【作り方】
関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

1.卵に空気をたくさん含ませるように、勢いよく混ぜます。卵の表面に泡が立つくらいに、よく溶きましょう。

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

2.残りの材料を溶いた卵に加えて混ぜ合わせ、ざるやこし器などで漉します。

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

3.油を塗った玉子焼き器を中火にかけほどよく熱したら、お玉1杯ほどの卵液を流し込みましょう。

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

4.半熟に焼けたら手前に巻きます。

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

5.もう一度玉子焼き器に油を引き、手前の卵を奥に動かして、手前にも油を塗り、お玉いっぱいの卵液を流し入れます。

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

6.奥の卵を箸で持ち上げて、焼けた卵の下にも流し込んでください。この工程を、卵液がなくなるまで繰り返します。

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

7.焼き上がったら巻き簀に包み、形を整えて完成です。

卵焼きをより楽しめるアレンジレシピ

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

うま味と塩味をプラスしてくれるだしを使っただし巻き卵なら、和風洋風さまざまな味付けの卵焼きを作ることができます。関東風、関西風の基本の卵焼きの作り方を抑えたら、更に自分好みのアレンジを加えてみるのも良いでしょう。

例えば、ねぎや百合根、青のり、みつばなどを卵焼きに混ぜてみたり、スクランブルエッグのように巻かないだし巻き卵を作ってみたり、チーズを混ぜて洋風の味付けにするのもおすすめです。また、豆腐やはんぺんなどを潰して卵焼きに混ぜれば、食感を変えることもできます。

ご家庭にある調味料や食材を活用することでいろいろなだし巻き卵を楽しめるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

一方、関西風のだし巻き卵は砂糖を使わず、だしをベースにして薄口醤油やみりんを使って味を調えていきます。そのため、だしのうま味や塩味が効いた、少ししょっぱさを感じる味付けが特徴的です。関東風の卵焼きにくらべ、塩味を感じられる関西風はご飯のおかずにも合うのではないでしょうか。

卵焼きのアレンジレシピ >>

さまざまな卵焼きを楽しもう

関東と関西でだし巻き卵はどう違う? 特徴とおいしい卵焼きの作り方とは

卵焼きは使う食材や調味料こそ非常にシンプルですが、関東では甘めの厚焼き玉子、関西ではだしを効かせただし巻き卵など、各地域や家庭によって味付けや作り方が異なる奥深い料理です。

また、好きな食材をプラスしたり作り方をアレンジしてみたりすれば、さまざまなだし巻き卵を楽しむこともできます。

ご家庭にある調味料や食材を活用することでいろいろなだし巻き卵を楽しめるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

自分が好きなだし巻き卵は関東風なのか、関西風なのかをはじめ、どんな食材と相性が良いのかなど、自分の理想のだし巻き卵を追求するのも面白いかもしれません。 だしを活用して、オリジナルのだし巻き卵を楽しんでみてはいかがでしょうか。